Advisor

老後鑑定士とは

老後鑑定士とは

40歳以降のこれから老後に向けて準備を始める世代に対し、老後鑑定ツールによる鑑定をおこない、老後に必要となる金融・保険・社会保険制度・不動産・相続などの幅広い知識をもって鑑定結果に基づいたアドバイスやそれぞれの専門性とネットワークを活かしての課題解決の役割を担い、豊かな老後の実現に向けて支援をおこなってまいります。

老後鑑定士が必要とされる理由

急激な少子高齢化社会を迎える日本では、人口減や人口構成の変化に伴い社会保障費はますます増大し、これらに対処するためには増税や社会保険料の負担増は防ぐことができない状況となっています。個人所得の伸びが見込めないことと同時に年金給付縮小などで老後における生活資金が不足する傾向を止めることは容易ではありません。
このような社会環境の変化に対して多くの人が不安を抱え、豊かな老後生活を過ごせる時代はすでに過去のものとなっており、その不安は社会現象としても現れています。
このような状況を解消すること一個人の努力では不可能ですが、現状を分析し将来に備えるための準備を適切な時期から始める自助努力により、大きなリスクを回避し、不安のない老後生活を実現することはできます。
客観的な現状分析とシミュレーションを元に老後生活における様々な問題を専門性と幅広い知識を持った老後鑑定士による支援がその一助となり、多くの人が備えをしていくことを普及させていく必要があります。

老後鑑定士が果たす役割は今後ますます大きくなっていくものとなります。
・一人でも多くの人が豊かな老後をすごせるために
・老後の備えを共に考え支援し
・豊かな高齢化社会の醸成に貢献する
これが老後鑑定士の使命です。
 


認定鑑定士資格取得の流れ

メールアドレス送信

申し込みフォームにメールアドレスを入力し、送信してください。
協会から登録用URLをお送りします。URLから手続きを行って下さい。

個人情報の登録

登録に必要な情報をフォームに従って入力して下さい。

クレジットカード決済

登録料(¥15,000)・会費(年払¥22,000もしくは月払¥2,000)をお支払い下さい。

E-ラーニングの受講

E-ラーニングを受講いただき、70点以上で合格となります。
(E-ラーニングは合格するまで何度でも受講できます)

ツールのダウンロード

E-ラーニングに合格しますと、マイページからツールをダウンロードできるようになります。